2012/09/18

やっとBattle.netにログインできた

例のハック騒ぎ以来、画像認証付きのログイン画面から進まなくなっていたBattle.netのwebサイト。
思い出したように試したところ、なぜかログインできるようになっていました。


送信者 clear.orz blog
ログインするとAuthenticatorのリセットと秘密の質問を再設定を促すメッセージが。



送信者 clear.orz blog
サクッと設定し直し終了。


送信者 clear.orz blog
ついでとばかりにSMS Protectの認証メール送信。届いて大いに驚きました。
これでRMAHのpaypal振り込みもできるっ! とはいえ、今更感全開ですが…


やっと気になっていたbattle.netの設定変更できて胸をなで下ろすことができました。
blizzardさん、もうこんな手間をかけさせないでください。お願いします。

2012/09/13

Arma2のSquadロゴをpaa形式で作ってみました

 車両や航空機に張られるロゴ画像をpaa形式で作る課程をメモ。

ロゴ以外のsquad.xmlなどはArma2 wiki http://wikiwiki.jp/arma2/?Squadを参照のこと。


必要な物
・ロゴ画像
・paa形式へのコンバータ
BI Tools 2 http://community.bistudio.com/wiki/BI_Tools_2のTexView 2、もしくはPAATool http://lex-ofp.narod.ru/OFP/Tools/


1・ロゴ画像作成
送信者 clear.orz blog
画像サイズは128x128、256x256などの縦横サイズが同じで2の倍数(8の倍数にするのがベスト)。
こだわらないならjpgでOK。透過部分が必要ならアルファチャンネル付きのTGAを作成。


2・paa形式へ変換
送信者 clear.orz blog
上で作った画像ファイルを選択し、convertボタンを押すだけ。
20~30秒ほどかかります。
私の環境ではTexView 2が動作しないのでPAAToolを利用。インストールの手間を考えるとPAAToolが楽で良いかと思います。


ARMA3ではPSSToolのフォーマットでDXT1 5:5:5:1を選択しないと正常に表示されないようです。



3・ファイルのアップロード
送信者 clear.orz blog
カスタマイズしたsquad.xml、squad.dtd、paaファイルを任意のwebサイトへアップロードします。
私はgoogle siteを利用しました。
アップロード後、arma2のプロフィール画面にあるSquad urlにsquad.xmlを指定すれば完了。
例:https://sites.google.com/site/abcdefg/squad.xml


4・確認
送信者 clear.orz blog
自分でマルチ鯖をホストするなり適当なサーバに入るなりしてsquadデータとロゴを確認。
join時にエラーが出たらsquad.xmlなりロゴデータをチェック。記述ミスや正常にファイルがアップロードされているか確かめましょう。



送信者 clear.orz blog
送信者 clear.orz blog
squadのデータはこのように表示されます。
自分のファイルは下のように書きました(この記事ではタグとして解釈させないために<>を全角にしています)


<blockquote>
<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE squad SYSTEM "squad.dtd">
<?xml-stylesheet href="squad.xsl?" type="text/xsl"?>
<squad nick="1121th Team">
<name>Helvetia Army 1121th Team</name>
<email></email>
<web></web>
<picture>logo.paa</picture>
<title>1121th Team</title>
<member id="********" nick="Linuxman">
<name>Linuxman</name>
<email></email>
<icq></icq>
<remark></remark>
</member>
</squad></blockquote>


一手間かかるのが難点ですが、無個性な自キャラからひと味付いたオリジナルキャラへと変わるカスタマイズできる素敵なファイル。Arma2をさらに楽しむためにお試しあれ。